気管切開ケア・シミュレーター

販売企業:日本スリービー・サイエンティフィック株式会社

製品について
【気道周辺の主要な器官、頚椎を備えた気管切開トレーナー】
成人男性を再現したモデルで、口腔、鼻腔や喉頭、喉頭蓋、気管、食道(切開口より少し下でカット)、輪状軟骨など気道周辺の主要な器官、代表的な頚椎を備えています。
特長
●胸部内には、左右の気管支と気管支樹がつながっています。
●経口・鼻咽頭・気管吸引、気孔部の洗浄、衣類・カニューレホルダーの交換を練習できます。
●首には吸引の様子や気管が見えるよう、小窓がついています。
●シミュレーターの底からは右側の気管支(可視部)や左側気管支(非可視部)のカテーテル吸引位置を目で見て確かめることができます。
●気管切開手術管なし。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。