吉富式マイボーム腺圧迫鉗子

販売企業:株式会社テイエムアイ|製造企業:ジャムコン社(日本)

製品について
マイボーム腺を圧迫して内容物を排泄させる治療は、従来よりマイボーム腺マッサージもしくは眼瞼マッサージとして、眼科医の指による圧迫にて行われてきました。この方法の欠点は指で瞼を眼球に押し付けることによって行われる点であります。すなわち、眼球が圧迫の台として使用される点で、眼球、特に内眼手術後の眼球にとっては好ましいものではありません。
また、形態的に眼球はほぼ球状であるのに対して、瞼は平面に近い形態を取っているため瞼の鼻側部や耳側部に位置するマイボーム腺に対しては有効な圧迫は困難でありました。この鉗子はこのような問題点を解決するために考案されたもので、
瞼のいかなる場所のマイボーム腺に対しても有効な圧迫を与えることが可能です。
特長
●上眼瞼に対しても、下眼瞼に対しても、術者が楽な姿勢を保ったまま、この鉗子1本で対応出来るように屈曲を持たせました。
●圧迫によって、もっとも強い痛みを起こす瞼縁部を強く圧迫しないで乗り越えるための形状になっています。
●マイボーム腺の腺房より導管に向かって圧迫を与えるため、内容物を効果的に排出させることが出来ます。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。