鈴木式オーバースキアレンズ little

製造販売企業:株式会社テイエムアイ

特長
●正矯正の確認のための白枠の+2Dのレンズを別に配置し黄色のレンズで中和した場合と青枠で中和した場合の意味が理解しやすいように、過矯正の度数に対応した度数を中央に白地で記載しました。
●同列の左右は正強制であれば、逆行と同行の網膜反射が確認できることになります。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。