島崎式DSEK用鑷子 M-2066

製造販売企業:株式会社イナミ

製品について
DSEK引き込み法における最良のパートナーです。
特長
●角膜内皮移植術DSEKにおいて、ドナーの角膜内皮を折りたたまずに、耳側から反対側へのスライドでしっかりと把持しながらのホストへの移植を可能とする鑷子です。
●先端部分のカーブが、左眼の場合は患者さんのおでこ越しに、右眼の場合は患者さんの鼻越しに術者が操作しやすいような角度となっていることや、ハンドルの動きに対し先端部分が垂直に作動することなどから、大変操作性に優れています。
●先端把持部は角膜内皮を滑らずにしっかりと把持できるようにセレーションが施されております。
●ドナーの角膜内皮を折りたたまずにホストへ移植することにより、内皮細胞が傷つきにくくなります。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。