クーデック®気管支ブロッカーチューブ

製造販売企業:大研医器株式会社

製品について
気管支組織へのダメージを軽減する低圧カフの採用、抜管後の気管チューブの再挿管が不要、換気しながらの操作、これがクーデックの考えた低侵襲分離肺換気です。
特長
●分離肺換気を目的とし、気道確保のために挿管された各種チューブと組み合わせて使用
●分離肺換気終了後、引き続き気管内挿管による人工呼吸が必要な時も、気管支ブロッカーチューブを抜管するだけ。気管内チューブを交換する必要はありません。
●オートインフレータなし(タイプA)とオートインフレータあり(タイプB)の2タイプあります。
●独自のオートインフレータは、片手操作でカフの膨張が行えます。気管支ファイバースコープを操作できます。

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。