リアルタイム遺伝子発現計測装置クロノスDio AB-2550

製造販売企業:アトー株式会社

製品について
【生きている細胞の遺伝子発現をモニターするために】
AB-2550クロノスDio は、光電子増倍管を検出器とする発光測定装置(ルミノメータ)です。35mm径のカルチャーディッシュをサンプル容器として、培養細胞、組織切片などの遺伝子発現を数時間〜数日間にわたりリアルタイムでモニターするのに最適です。
クロノスDioは、庫内の温度コントロール(空気循環方式による)と5%CO2制御が可能です。CO2濃度は内蔵のセンサー電磁バルブ制御により一定に維持されます。また内蔵の光学フィルターを使って色分離計測が可能なため、 発光色の異なるルシフェラーゼを用い、同時に最大3種類の遺伝子発現をモニターする「マルチカラーアッセイ」に対応しています。
特長
●光電子増倍管を検出器とする発光測定装置(ルミノメータ)
●株化細胞、組織切片の遺伝子発現を数時間〜数日にわたり一定時間間隔でモニターするのに最適
●CO2センサーが付属しておりCO2を導入可能
●最大3種類の遺伝子発現をモニターするマルチカラーアッセイにも対応可能
●35mm培養ディッシュで細胞を培養しながら、生きた状態の遺伝子発現をリアルタイムに計測することが可能
●チャンバー内は恒温・CO2導入が可能

ニュース・プレスリリース

学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。