血管内皮機能検査装置(FMD検査装置) ユネクスイーエフ UNEXEF 18VG

● 製品について

【世界で唯一のFMD検査用 ユネクスEFシリーズの臨床モデル「ユネクスEF18VG」】
通常、超音波機器による血管内皮機能検査は、正確にできるようになるまで年間100例以上の操作経験が必要とされており、そのためにFMD検査の臨床活用は限られていました。FMD検査の臨床用「ユネクスEF18VG」なら、超音波機器の測定経験がない方でも、簡単、正確に測定可能。しかも、診療スペースを圧迫しないコンパクト設計です。

● 特長

●画面上の動脈短軸をクリックするとプローブの位置が最適に調整されます。
●安静時径測定後は、駆血ボタンを押すだけです。
●測定終了をアナウンスでお知らせします。
●測定後すぐに結果をプリントアウトします。
●省スペースに設置できるコンパクト設計です。
●ユネクスEFは、2014年11月米国FDAより、FMD検査用超音波システムとして世界初の承認を取得しています。
●この製品は臨床モデルです。
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。