血液画像ファイリングシステム HFS3000

● 製品について

血液画像ファイリングシステム「HFC3000」は、塗抹標本顕微鏡をデジタルファイリング化により、検査結果データやコメントと共にデータベースに保存が行えるシステムです。 充実した画像ファイルビューワー機能や、報告書発行機能により細胞画像付き報告書発行が行えるなど、血液検査に特化させたファイリングシステムとしてお使いいただけます。

● 特長

●顕微鏡用CCDカメラからオンラインで血液細胞をファイリングします。
●顕微鏡写真画像の他、各種画像ファイルをデータベース管理します。
●画像ファイルは検体情報や患者属性などから検索、抽出ができます。(患者コード、患者名、疾患情報(AML、ATLL、CML etc..)などの条件を複合可能)
●血液細胞画像の標本抽出機能により、細胞だけ抽出し管理&報告ができます。
●報告書パターンレイアウトをユーザー設定により自由作成できます。
●画像データの編集が行えます。(市販編集ソフトにリンク可能)(オプション機能)
●院内LANを利用してWebでの画像参照ができます。(オプション機能)
●血液検査システムと接続する事で、血液分析装置の数値データも管理できます。(オプション機能)
●フィンガルリンクの検査システム「ADeSSo」とリンクさせる事で、ADeSSo側に細胞画像が送信可能です。(オプション機能)
画像をクリックすると拡大

● プレスリリース・ニュース

● 学術集会出展情報

ここから先をご覧いただくには「メディカルオンライン」会員登録 が必要です

メディカルオンラインは医療関係者向けの総合情報サイトです。
会員の方はログインいただくとすべての情報をご覧になれます。まだ登録がお済みでない方は会員登録をお願いいたします。(無料でご利用いただけるコースもございます。詳細はこちらをご覧ください)

会員の方はこちらへ ログイン画面にすすむ はじめての方はこちらへ 会員登録のご案内
Medical Online English Site

当サイトに掲載された情報は、掲載時期等により実際の製品の内容と異なる場合がございます。最新の製品詳細、価格等につきましては製造元、又は販売元へご確認ください。