日本シグマックス株式会社 体幹トレーニング装置 RECORE(リコア)

第一回 効果が数値で見えるRECOREなら、運動療法に対するモチベーションが維持され、効果が出るまで継続できる (1/2)

アドヒアランスの良い理想的な運動療法を実現する、画期的な体幹トレーニング装置「RECORE」。今回は、その開発者である金沢大学附属病院 整形外科の加藤仁志先生に、RECORE開発の契機や、その有用性、さらに近年の試験データに基づいた新たな活用方法や今後の展望など、多岐に渡りお話をうかがった。

掲載日:2022年10月26日
ここから先をご覧いただくには、会員登録が必要です

この記事は会員限定です。ログインまたはご登録いただくと記事の続きをお読みいただけます。